保育士になることが小さい頃からの夢だった。

保育士という仕事は、子どもの成長に寄り添えるやりがいのある専門職です。
このセミナーでは、保育士が働く環境のリアル、やりがい、将来性などを保育園の経営者、現職の保育士から直接お話を聞くことが出来ます。保育士を目指したい皆さんの夢を叶える応援セミナーです。
将来の仕事選びに迷っている方も、ぜひご参加ください!

2024年8月31日(土)
開催セミナー

日時

2024年8月31日(土)10:00~12:00

内容

第1部 保育士として働くということ

◇保育士の働く環境について
保育園経営者からのプレゼンテーション
社会福祉法人ゆうゆう 理事長 矢巻 行祥 さん
・給与体系、勤務体系について
・保育士の未来は?

社会福祉法人ゆうゆう 理事長 矢巻 行祥 さん

プロフィールの詳細はこちら

◇これが私たち、保育士のお仕事
現職保育士からのプレゼンテーション
・保育士の専門性について
・保育士のお仕事の魅力について

第2部 絵本専門士 杉上佐智枝さん(日本テレビ元アナウンサー)による

保育の仕事と魅力を実体験できる、読み聞かせスペシャルライブ
①「保育士と子どもたち」を題材にした絵本を読み聞かせ実演し、保育の魅力を伝えます。
絵本専門士の杉上佐智枝さんが選んだ絵本(5ストーリー)の実演
②絵本の選び方レクチャー
対象年齢別絵本の選び方、読み方のコツ
③保育者を目指す高校生への応援メッセージ
母として、絵本専門士としてお伝えしたいこと

杉上佐智枝さん(日本テレビ絵本専門士)

1978年東京都生まれ。早稲田大学第一文学部卒業後、2001年日本テレビ入社。情報番組「バゲット」や「スッキリ」のニュースコーナー、「3分クッキング」などを担当。2017年に2回目の育児休暇から復帰後、絵本専門士の資格を取得。「世界一受けたい授業」で絵本の紹介をしたり、日本テレビのイベントでの読み聞かせ企画など、幅広く活動。2023年5月31日の『情報ライブ ミヤネ屋』出演をもって番組およびアナウンサーを卒業し、6月から日本テレビホールディングス サステナビリティ事務局所属、民放キー局唯一の絵本専門士として、精力的に読み聞かせ活動を行っている。
*絵本専門士は絵本に関する専門知識、読み聞かせに関する高い技術を持つ専門資格。受講自体に要件があるほか高倍率の人気資格

会場

社会福祉法人ゆうゆう 日暮里保育園
東京都荒川区西日暮里2丁目2-7
Google Mapを見る

2024年9月21日(土)
開催セミナー

日時

2024年9月21日(土)14:00~16:00

内容

第1部 保育士として働くということ

◇保育士の働く環境について
保育園経営者からのプレゼンテーション
社会福祉法人ゆうゆう 理事長 矢巻 行祥 さん
・給与体系、勤務体系について
・保育園、保育士の未来は?

社会福祉法人ゆうゆう 理事長 矢巻 行祥 さん

プロフィールの詳細はこちら

◇これが私たち、保育士のお仕事
現職保育士からのプレゼンテーション
・保育士の専門性について
・保育士のお仕事の魅力について

第2部 保育士は専門職であり、プロフェッショナルである

和洋女子大学 人文学部 こども発達学科 教授 矢藤誠慈郎さん
・「遊び」が子どもの「学び」
・保育のお仕事はチームワーク(一人で悩みを抱える仕事ではない)
・保育士になるための進路選びのポイント

和洋女子大学 人文学部 こども発達学科 教授
矢藤 誠慈郎(やとう せいじろう)さん

広島大学大学院教育学研究科教育行政学専攻博士課程(教育学修士)より、岡山短期大学講師・助教授、新見公立短期大学助教授、ニューヨーク州立大学客員研究員、愛知東邦大学教授、岡崎女子大学教授を経て現職。専門は、保育学、教育学。
日本保育学会評議員、日本保育者養成教育学会理事、全国保育士養成協議会常務理事、全国私立保育連盟理事、日本保育協会評議員などを兼務。

会場

社会福祉法人ゆうゆう 日暮里保育園
東京都荒川区西日暮里2丁目2-7
Google Mapを見る

保育者を目指す高校生応援プロジェクトとは?

保育者(保育士、幼稚園教諭等)の
本当の姿をもっと知って欲しい。

待機児童(希望者が保育園に入れない)解消対策により、たくさんの保育園が作られ、待機児童は徐々に解消に向かっています。しかし、保育園の数は増えても、そこで働く保育士の数は追いついておらず、現状でも保育士はまだまだ不足しています。にもかかわらず、今、保育者を目指す学生が激減しているという現実があります。
ためしに「保育者養成校 募集停止」と検索してみると、ものすごい数の大学、短大、専門学校がヒットすることに、きっと驚くことでしょう。
一方、保育士・幼稚園教諭は小さい頃からの憧れの職業として、常に高校生のなりたい職業の上位にランクインされています。これは何を意味するのでしょうか。
高校から進学を検討する段階で、本来保育者を目指していた皆さんが夢を諦めて進路を変更しているのです。
しかし実際には、保育者の給与水準はイメージほど低くないし、働く環境もどんどん改善されています。また、保育園に保育者がいなければ、人々は安心して子どもを預けて働くことが出来ません。これからの保育者は、男女共同参画社会をさらに実現し、ひとり親家庭サポート、地域社会に開かれた子育て支援の拠点としての役割を持つなど、ますます重要な役割を担っています。
このプロジェクトは、そのようにこれからの社会で重要な役割を持つ保育者という仕事の給与も含めた雇用環境、専門性、魅力、将来性などを、夢の舞台「保育園」の現場から情報発信するプロジェクトです。あなたの子どもの頃からの「保育士になる」という夢の実現を、リアルな情報や学校選びサポートで応援します!

発起人(運営)

保育の学び場(合同会社ワンフィールズ)

運営協力

株式会社進路企画、社会福祉法人ゆうゆう、社会福祉法人清香会、
株式会社読売エージェンシー、株式会社ソートフル
*順次、ご協力を頂く皆さんを掲出を致します。

運営事務局

保育者を目指す高校生応援プロジェクト
運営事務局 保育の学び場
お問い合わせ